北海道観光情報

2019年7月23日

新千歳空港から函館までの距離は?各交通機関を利用した場合の所要時間

こんにちは!北海道の旅をサポートするホンダレンタカー札幌です。

 

道南エリアで人気の高い観光都市・函館

人の暮らしと独特の地形が織りなす美しい夜景や、北海道の小樽のように歴史的建造物が佇む街並みなど、ロマンチックな風景が広がります。

 

今回は北海道の空の玄関口である新千歳空港から函館までの距離や、アクセス情報についてご紹介します!

函館BAYの金森倉庫

 

 

新千歳空港から函館までの距離は?函館ってどんなところ?

北海道の空の玄関口・新千歳空港から函館までの距離は一般道を通って約250km、約4時間40分で到着します。

 

なお、有料道路(高速道路)利用すれば約3時間25分で到着しますが、室蘭方面を通って大回りする必要があるため、移動距離は約270kmと一般道よりも長くなります。

 

北海道の中でも有数の観光都市・函館。

世界三大夜景にも評された函館山から望む美しい夜景を求め、国内外から多くの旅行客が足を運んでいます。

函館名物の「塩ラーメン」や函館のご当地バーガーチェーンとして全国的に知名度を誇る「ラッキーピエロ」など、食の魅力も満載。

観光地の近くにホテルなど宿泊施設も多く立地しているので、観光にとても便利な街です。

 

 

新千歳空港から函館までの各交通手段について

新千歳空港から函館までの一般的な交通手段は、車、電車、バスの3種類です。

それぞれのアクセス方法や所要時間についてご紹介します。

 

新千歳空港から函館まで車を利用する場合

一般道

新千歳空港から函館までの一般道ルート

国道453号線、国道37号線、国道5号線経由

所要時間:約4時間40分
走行距離:約250km
料金:0円

 

一般道を通る場合は、新千歳空港から道道16号線を通って国道453号線で支笏湖畔と洞爺湖畔を進み、国道37号線、国道5号線を経由して函館まで向かいます。

峠を越える必要があるため、冬場の悪天候時は注意が必要です。

 

有料道路(高速道路)

新千歳空港から函館までの有料道路ルート

道央自動車道経由

所要時間:約3時間25分
走行距離:約270km
料金:5,500円

 

千歳ICから道央自動車道を通って大沼公園ICで降り、国道5号線を通って函館へ向かいます。

一般道を通るより1時間以上早く到着できますが、有料道路は大回りするルートになっているため、一般道よりも走行距離が長くなりますよ。

 

ちなみに、大沼公園ICを降りてから函館市内までの走行距離は約30km、車で約40分ほどかかります。

大沼公園ICを降りたら大沼国定公園にちょっと寄り道をして、名物の「大沼だんご」を食べながらのんびり休憩するのもいいですね。

 

 

新千歳空港から函館まで電車を利用する場合

新千歳空港から函館までJRで向かう場合、南千歳で乗り換える必要があります。

 

まず、新千歳空港から快速エアポートに乗って南千歳に向かいます。

南千歳までは1駅のため、所要時間は3分程度。

 

その後、「特急スーパー北斗」に乗って函館へ向かいます。

1日12往復しており、所要時間は約3時間16分。

 

3時間を超える長旅になりますので、車中で駅弁や北海道産牛乳を使ったアイスクリームを味わいながら、電車の旅をのんびりと満喫するのもいいですね。

(※スーパー北斗は2019年2月に車内販売を終了していますので、最寄りの駅で購入するのを忘れずに!)

 

快速エアポート、特急スーパー北斗
所要時間:約3時間30分
料金:片道運賃5,210円+特急座席料2,380円(自由席)

 

 

新千歳空港から函館までバスを利用する場合

新千歳空港と函館を結ぶバスはないため、一度札幌駅に向かう必要があります。

 

まずは新千歳空港から快速エアポートに乗って札幌駅へ。

その後、中央バスの「高速はこだて号」または北海道バスの「函館特急ニュースター号」に乗って、函館へ向かいます。

 

所要時間は5時間30分程度と長旅ではありますが、料金は片道4,600円〜とリーズナブル!

どちらの高速バスも予約制です。

 

高速はこだて号
所要時間:約5時間30分
料金:片道4,810円、往復8,580円

 

函館特急ニュースター号
所要時間:約5時間30分
料金:片道4,600円、往復8,100円

 

 

新千歳空港から函館まではレンタカーがおすすめ!

3台のトイカー

新千歳空港から函館までの道のりには魅力的なスポットが多数点在しているので、車・レンタカーで移動がてら立ち寄ってみるのがオススメです。

 

有料道路(高速道路)の場合の所要時間が約3時間25分、一般道の所要時間が約4時間40分と、到着まで1時間程度の差があります。

しかし、有料道路は大回りするルートのため、移動距離としては一般道路の方が短く、また有名なスポットにも立ち寄りやすくなっています。

ですので、到着を急ぐ必要がないのであれば、一般道を通ってさまざまなスポットに立ち寄りながら進むのもオススメですよ。

 

おしゃれなカフェやベーカリーが集まる洞爺湖や、国産ハーブ鶏のフライドチキンといったこだわり料理と絶景を楽しめる「ハーベスター八雲」など、自然とグルメを満喫できるスポットがたくさんあります。

 

また、2018年にニューオープンした「道の駅なないろ・ななえ」と、その隣に2019年春にオープンした「THE DANSHAKU LOUNGE」には、道南の食と文化が集まる注目の一軒です。

 

 

まとめ

新千歳空港から函館までは、一般道で約250km、約4時間40分の道のりです。

 

移動手段は車、電車、バスの3種類がありますが、JRは乗り換えがあるうえ料金が非常に高いです。

また、バスの場合も一度JRで札幌へ向かい、そこから高速バスに乗る必要があるため、大きな荷物を持って移動するのは非常に大変です。

 

そこで便利なのがレンタカー!

カーナビやETC全車種に標準装備なので、初めての場所やロングドライブも不安なく快適に楽しめますよ。

 

また、ホンダレンタリース札幌には函館乗り捨てプランがあります!

レンタカーを新千歳空港で借りても、返却は函館空港前の営業所でOK。

そのまま函館空港から飛行機で帰ることもできますよ。

 

北海道でレンタカーをご利用の場合は、ホンダレンタカー札幌にお気軽にお問い合わせください!

 

 

今すぐシェア!

facebook

twitter

line