レンタカー豆知識

2018年12月14日

レンタカーに傷つけた場合どう対応するべき?利用者の負担は??

 

こんにちは!北海道の旅をサポートするホンダレンタカー札幌です。

 

仕事や旅先などでレンタカーを利用するとき、「レンタカーに傷をつけたらどうしよう」と心配をしたことはありませんか?

レンタカーは車を所有していなくても、必要な時だけ利用出来るので便利ですが、乗り慣れない車のためうっかり傷をつけてしまうこともあるかもしれません。

そんな時、どのような対応をとればいいのか、保険の有無によって自己負担額がどれぐらいになるのか、また修理費以外にかかる費用などをご紹介します。

並べられた3つのミニカー

 

 

レンタカーに傷をつけたら最初にすべきこと

レンタカーに傷をつけてしまった場合は、以下の手順で対処します。

①負傷者がいる場合は負傷者の救護
②事故の大小に関わらず警察へ連絡
③レンタカー会社へ連絡

 

事故にあった場合は、何よりもけが人がいないか確認することが大切です。

その後、落ち着いて車の傷を確認し警察とレンタカー会社へ連絡しましょう。

 

事故の報告義務は「道路交通法72条1項」により定められています。

また、保険適用の際に必要な「交通事故証明書」は警察への届け出がないと発行されません。

人身事故はもちろんですが物損事故であっても、レンタカー会社への報告をせず示談をするのはご法度です。

 

 

レンタカーに傷をつけた場合の修理費用は?保険は適用されるの?

事故車の傷

基本的にレンタカーの料金には保険料が含まれていますので、ご自身で保険に加入しなくても一定の補償が受けられます。

しかし保険には免責金額(自己負担額、平均5~10万円程度)が設定されていますので、何もしなくても支払いがゼロになるわけではありません。

 

各レンタカー会社ではオプションとして免責補償(金額は1,000円程度)を用意していますので、これに加入していれば自己負担金は0円ということになります。

 

例)車につけた傷の修理費用が15万円、免責金額が5万円だった場合

・基本料金(レンタカー料金)のみ
15万円ー5万円=10万円は保険から支払われる。5万円は自己負担。

・基本料金(レンタカー料金)+免責補償
15万円ー5万円=10万円は保険から支払われる。5万円は免責補償で免除=自己負担無し。

 

ただし、免許取得後1年未満や運転者が21歳未満、国際免許での運転は免責補償がつけられない場合があります。

詳細は加入条件はレンタカー会社が提携している損害保険会社ごとに異なりますので、利用する際はきちんと確認をしましょう。

 

そして、

・事故証明がない
・無免許運転
・酒気帯び運転

といった「法律リース会社の規約に違反する場合」は保険が給付されませんので十分注意しましょう。

 

詳しくは「北海道のレンタカー利用でも保険は必要?免責補償をオススメする理由」の記事をご覧ください。

 

 

レンタカーの「NOC」とは?

レッカー車で運ばれるバースト車

「NOC」をご存知でしょうか?聞きなれない言葉ですよね。ここでは、レンタカーのNOCについてご説明いたします。

 

NOCって?

レンタカーを利用する際に知っておきたい制度にNOC(ノンオペレーションチャージ)があります。

これは別名「休業補償」と呼ばれるもので、事故によってレンタカーを修理・清掃に出さなければならなくなった場合、その期間中の営業補償としてレンタカー会社に支払う金額のことです。

 

 

NOCは保険の対象ではない?

ここで気を付けたい点は、NOCは保険の補償内容に含まれないということです。

保険や免責補償は対人・対物事故そのものに対する費用を補償してくれますが、営業補償はしてくれません。

 

事故を起こした場合、NOCの代金として

・一般的にレンタカーが自走できる場合は2万円
・自走できない場合は5万円

支払う必要があります。

また自走できない場合、NOCとは別にレッカー代を請求される場合もあります。

 

ただし、NOCが免除になるプランを会社によって500円~1,000円程度で追加することが出来ますので、ぜひ加入することをお勧めします。

 

事故はいつ起こるかわかりません。事故が起きたとに支払う金額を考えると、安い買い物です。

ホンダレンタカー札幌では安心フルパックでNOC補償も対応可能です!お気軽にお問い合わせくださいね。

 

 

レンタカーにつけた傷はバレる?バレない?

少しこすったぐらいの傷なら修理するほどでもないし、バレないだろう…と思うかもしれません。

 

しかし、レンタカーを利用する際に、出発前と返却時で必ず傷やへこみがないか店舗スタッフがしっかり確認しています。

正直に、傷をつけてしまったことを話しましょう。

また、知らないうちに傷が付いている可能性もあります。誠意をもって対応することが大事です。

 

 

まとめ

旅先で予期せぬ事故により、レンタカーを傷つけてしまっても慌てず対応して下さい。もう一度おさらいです。

・傷をつけてしまった場合は被害の大小に関わらず「警察とレンタカー会社」に届ける。

・修理費用の大部分は保険で賄えるが、免責額が設けられており自己負担金が発生する。免責補償に加入すると自己負担(5万~10万円)が免除される。

・修理費とは別に休業補償(NOC)を支払う必要がある。自走できない場合はレッカー代が加算される場合も。NOCにも補償制度があるので、心配なら加入しよう。

・傷をつけてしまった場合は隠さずに、誠意のある対応をしましょう。

 

ぜひ、北海道を満喫して下さいね!

そして、レンタカーを借りる際にはくれぐれも事故のないように、安全運転を心がけましょう!

 

 

今すぐシェア!

facebook

twitter

line