北海道観光情報

2019年7月03日

新千歳空港から旭川までの距離は?各交通機関を利用した場合の所要時間

こんにちは!北海道の旅をサポートするホンダレンタカー札幌です。

 

動物の行動展示が話題の「旭山動物園」や、豊かな自然などビュースポットも満載の旭川。

北海道の空の玄関口である新千歳空港から旭川までは、高速道路を使えば約2時間で到着できてアクセスも抜群なんです!

 

今回は新千歳空港から旭川までの距離や、アクセス方法についてご紹介します。

泳ぐペンギンたち

 

 

新千歳空港から旭川までの距離は?旭川ってどんなところ?

新千歳空港から旭川までの距離

新千歳空港から旭川までの距離は一般道を通って約160km。

車で3時間程度で行くことができます!

旭川から札幌までの距離は約130kmですので、新千歳空港から旭川へ向かって観光したあと、札幌に向かう…というのも可能ですよ。

 

旭川といえば、動物本来の生き生きとした姿を見られる行動展示が話題の「旭山動物園」。

全国から多くの観光客が足を運ぶ、旭川の人気観光スポットです。

 

また、道産の木材をふんだんに用いた美しいデザインの「JR旭川駅」や、旭川市街や大雪山系まで見渡せるビュースポットでもある標高253mの「嵐山」など、旭川には都市部と自然、そして魅力ある施設が点在しています。

 

 

新千歳空港から旭川までの各交通手段について

旭川には旭川空港もありますが、飛行機を利用するなら便数が豊富な新千歳空港の利用がオススメです。

新千歳空港から旭川までの一般的な交通手段は「車、電車、バス」の3種類ありますが、どの交通手段でもそこまで時間を有しないため、新千歳空港の利用が便利です。

 

そこで、今回は新千歳空港から旭川まで「車、電車、バス」を利用した、それぞれのアクセス方法や所用時間をご紹介します。

 

新千歳空港から富良野まで車を利用する場合

一般道

一般道ルート

国道337号線、国道12号線経由

所要時間:約3時間10分
走行距離:160km
料金:0円

 

一番わかりやすいルートは、新千歳空港から国道337号線を通って道道226号線、道道45号線、道道30号線を経由し、国道12号線から旭川まで向かう方法です。

国道12号線の美唄市〜滝川市間は直線道路が29.2kmも続き「日本一長い直線道路」と呼ばれています。

曲がり道が一切ないどこまでも続く直線道路を車で走ると、北海道の広大さを改めて実感できますよ。

 

上記でご紹介したルートは「日本一長い直線道路」を通るため、混雑する場合も。

渋滞を避けたい場合は、南幌町を通って国道275線・国道12号線を経由して旭川へ向かう迂回ルートもあります。

所要時間は5分ほど増える程度ですので、渋滞を避けて快適に走行したい場合は、こちらの迂回ルートを通るのもいいでしょう。

お急ぎの場合は、ぜひ渋滞情報をチェックしてくださいね。

 

有料道路(高速道路)

有料道路ルート

道央自動車道経由

所要時間:約2時間10分
走行距離:180km
料金:4,620円

 

新千歳空港から千歳ICへ向かい、道央自動車道を通って旭川鷹栖ICまで行くことができます。

旭川鷹栖ICから旭川中心部までは車で約15分。

一般道を通るより走行距離はありますが、有料道路を利用すれば所要時間を1時間程度短縮できます。

 

 

新千歳空港から旭川までJRを利用する場合

新千歳空港から旭川までJRで向かう場合、一度札幌で乗り換える必要があります。

新千歳空港から快速エアポートに乗って札幌駅で降り、特急カムイか特急ライラックに乗り換えると、旭川まで行くことができます。

 

新千歳空港駅から旭川駅までの所要時間は約2時間10分、料金は片道運賃3,380円+特急座席料1,800円(自由席)の合計5,180円となります。

 

 

新千歳空港から旭川までバスを利用する場合

新千歳空港〜旭川間を結ぶ都市間高速バス「たいせつライナー」が運行しています。

1日4往復の運行で、所要時間は約3時間。料金は片道3,800円、往復7,000円です。

大きな手荷物はトランクに収納可能なので、荷物が多い方でも安心。

 

インターネットから24時間予約が可能(予約は乗車2カ月前より受付)なので、思い立ったときにすぐ予約できるのもうれしいですね。

 

たいせつライナー
所要時間:約3時間
料金:片道3,800円、往復7,000円
予約制、1日4往復運行

※出発時間により運行会社が異なります。詳しくは各社ホームページをご参照ください。

北都交通

旭川電気軌道

 

 

新千歳空港から旭川まではレンタカーがおすすめ!

ドライブをする車の運転席

新千歳空港から旭川までは、有料道路(高速道路)を利用すれば約2時間、一般道を利用しても約3時間の道のりです。

いろいろなスポットを訪れて道中も楽しみたいなら、ぜひ車・レンタカーで移動するのがオススメ!

 

一般道を通るなら、新千歳空港から約30kmの場所に位置する長沼町に立ち寄って見てはいかがでしょうか。

道産野菜をたっぷり味わえる「リストランテ・クレス長沼店」や地元の素材やお土産が揃う「道の駅マオイの丘公園」など、北海道グルメを満喫できるスポットがたくさんあります。

 

また、なんといっても国道12号線の美唄市〜滝川市間にある、29.2kmも続く「日本一長い直線道路」はぜひ車で向かいたいスポットです。

どこまでも続く一本道は、大地の広さを実感できますよ。

 

 

まとめ

新千歳空港から旭川までは、一般道で約160km、約3時間の道のりです。

その道中には、北海道のグルメや自然を満喫できるスポットが数多くあります。移動手段は車、電車、バスの3種類がありますが、自分のペースや予定に合わせて自由に好きなスポットに立ち寄れる車での移動がオススメです。

 

その中でも便利なのがレンタカー!

ホンダレンタカー札幌なら新千歳空港内にカウンターもあるので、飛行機を降りてすぐ利用できるので便利です。

事前に予約しておけば、車を用意している千歳店まですぐに無料送迎いたします!

 

なお、旭川から日帰りで札幌に向かいたい場合は、有料道路(高速道路)で走行距離が約137km、所要時間は約1時間50分で到着できます。

時間を有効活用して、北海道の旅を存分に楽しんでくださいね!

 

 

今すぐシェア!

facebook

twitter

line