北海道観光情報

2020年10月28日

旭川の12月の服装や気温は?冬の旭川の観光やグルメ情報も!

こんにちは!北海道の旅をサポートするホンダレンタカー札幌です。

 

北海道で札幌に次ぐ第2の都市、旭川。

都会的な利便性と北海道らしい自然が共存する都市で、北海道観光の人気スポットのひとつです。

 

そして旭川は、北海道でも特に寒さの厳しいエリアのひとつ。

12月の旭川旅行で知っておくべき服装や、気候についてご紹介します。

冬の動物園のペンギンたち

 

 

12月の旭川の服装は? どんな気候?

北海道のちょうど真ん中あたりに位置し、札幌に次ぐ第2の都市として有名な旭川。

旭川は山に囲まれた内陸の盆地という地形のため、夏は暑く、冬は寒いエリアです。

まずは2019年12月の旭川の気候を、札幌や東京の気候と比較してみましょう。

旭川 札幌 東京
平均気温 -3.8℃ -0.8℃ 8.5℃
最高気温(平均) -0.1℃ 2.6℃ 12.6℃
最低気温(平均) -8℃ -4.2 5.2℃
合計降水量 80.0mm 62.0mm 76.5mm
合計降雪量 110mm 54cm

 

2019年12月の旭川の平均気温はなんと-3.8℃!

最高気温の平均でも-0.1℃と氷点下です。

旭川は、北海道の中でも寒さが厳しい地域なんです。

 

明治35年月25日には、日本最低気温記録の-41.0℃を記録しています!

東京との比較はもちろん、札幌の気候と比べてもかなり寒いということがわかるのではないでしょうか。

 

例年10月下旬には初雪が降り、11月下旬には根雪に。

12月はほぼ毎日雪が降ります。

1月にはさらに気温が下がっていきますよ。

 

12月の旭川で適した服装は?

厳しい寒さが続く12月の旭川を訪れるなら、最大限の防寒対策をしてください!

  • 下着:ヒートテックなどの防寒インナー。長袖下着やスパッツも忘れずに!
  • トップス:セーターや裏起毛パーカーなど厚手のものを。シャツやカットソーを重ね着するのも良いです。
  • ボトムス:長ズボンがおすすめ。スカートの場合は厚手のタイツを履きましょう。
  • コート:厚手のダウンコートを強くおすすめ! 雪が降るのでパーカーがついていると良いです。
  • 靴:冬用のブーツに防水スプレーをしてくださいね。靴裏に滑り止めがあると安心です。
  • 小物:手袋、ニット帽、マフラーなども忘れずに。野外の観光にはカイロも!

 

子どもの場合は、スキーウェアを着てしまうのも良いでしょう。

 

 

12月の旭川でおすすめの観光スポット!ベストな服装で楽しもう

寒さの厳しい真冬の旭川ですが、この季節に行くならこんな観光スポットで楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

あさひかわ街あかりイルミネーション

毎年11月下旬から翌年3月まで、旭川の中心エリアで冬のイルミネーションイベント「あさひかわ街あかりイルミネーション」が開催されます。

平和通買物公園、緑橋通、昭和通、7条緑道、常盤ロータリーの5エリアで、約13万球の灯りがきらめく、旭川の冬の風物詩です。

買い物や方向者天国の散策ついでにぜひ楽しんでみては?

 

特に、平和通買物公園の「モニュメントイルミ」、7条緑道の「緑道イルミ」は必見ですよ!

2020年は11月28日(土)~2021年3月7日(日)に開催予定。

初日は平和通買物公園にて点灯式も催されます。

 

 

冬の旭山動物園

ユニークで斬新な行動展示で、全国的に有名な旭山動物園

この時期ならではの人気の行動展示に「ペンギンの散歩」があります。

かわいらしいペンギンたちが、園内にある500mの散歩道をよちよち歩きでお散歩♪

柵はないので、ペンギンたちをすぐ近くで眺めることができます。

例年12月中旬から3月までの積雪期間のみ開催しています。

 

あざらし館では屋外プールを凍らせた流氷広場が登場し、夏よりも近い場所でアザラシたちを見ることもできますよ。

しろくまやホッキョクギツネなど、北国の動物たちも元気いっぱいに迎えてくれます。

 

 

大雪山旭山ロープウェイ

大雪山国立公園の北側に位置する旭岳は、標高2,291mの北海道で最も高い山です。

標高1,100mの山麓駅からから標高1,600m(5合目)の姿見駅を結ぶ、約10分の空中散歩が一年中楽しめます。

12月から5月までは、ロープウェイの隣の旭岳スキーコースでスキーやスノーボードも。

極寒の旭川ならではのパウダースノーが最高です。

寒い日には、空気中の水分が凍ってキラキラ光る「ダイヤモンドダスト」を見ることができるかも!?

 

 

12月の旭川で旬なグルメも知って楽しもう

醤油ラーメン

冬の旭川旅行で絶対食べてほしいのが、旭川ラーメン!

北海道ラーメンといえば札幌ラーメンが有名ですが、旭川も札幌に並ぶラーメンの街なんですよ。

札幌ラーメンの定番がみそ味なのに対して、旭川ラーメンの定番は醤油味です!

魚介や豚骨、鶏ガラなどで出汁をとったWスープ、スープがほどよく絡む中太ちぢれ麺、スープにたっぷり浮かぶラードが特徴的です。

たっぷりのラードは、極寒の旭川でスープの表面を覆い、ラーメンを冷めにくくする工夫といわれています。

 

旭川には数々の名店があるので「どこで食べるのか迷ってしまう」という方は、ぜひ「あさひかわラーメン村」に足を運んでみてください。

旭川ラーメンの老舗、青葉、梅光軒、全国的にも人気の高い山頭火、そのほか全8点の旭川のラーメン店が集合しています。

 

 

旭川の12月は極寒!最大限の暖かい服装で出かけよう

内陸の盆地である旭川は、夏は暑く冬は寒い土地柄。

-41.0℃という日本の最低気温の記録があるほどの極寒エリアです。

12月になるとすでに最高気温の平均も氷点下となります。

厚手のダウンコートや防寒下着の重ね着、手袋やニット帽など、考えられる最大限の暖かい服装で出かけましょう。

 

買物公園のイルミネーションや冬の旭山動物園、旭岳ロープウェイなど、野外の観光スポットもおすすめです。

雪景色の中で冷えた体は、ぜひ旭川ラーメンで温めてくださいね!

 

ホンダレンタカー札幌なら、季節に合わせて冬タイヤなどの準備も万端。

新千歳空港内にカウンターもあるので、新千歳空港で飛行機を降りてすぐ利用できるので便利ですよ。

事前予約で、車を用意している千歳店まですぐに無料送迎サービスいたします。

今すぐシェア!

facebook

twitter

line